紅茶片手に読書している。そして音楽を聴きながら

本の感想、コンサート記録など書いています。

2021年 5月 読書メーター

5月最終日

「今日は本を読むのだ」と決めて、とにかく読んだ。その時間が

とても幸せだった。

 

また、どこかでそんな日を作りたい。

 

なんとなく、日々バタバタしてしまっているのと

スマホでゲームをして時間を使ってしまうのと

ツイッターをぼんやり眺めてしまうのが

なかなか本を読めない原因になっているのかな。

 

それでもやっぱり、本を読んでいる時間は

自分にとっては貴重な幸せな時間。

 

5月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:1107
ナイス数:47

失われた時を求めて〈3〉第二篇・花咲く乙女たちのかげに〈1〉 (光文社古典新訳文庫)失われた時を求めて〈3〉第二篇・花咲く乙女たちのかげに〈1〉 (光文社古典新訳文庫)感想
ジルベルトへの恋が終わってゆくまでを描く心理描写に心惹かれた。スワンの恋が、相手が自分を愛していないと理解しつつも、自分のすべてを使って(お金も)相手の心以外を獲得していったのに対して、彼はジルベルトの気持ちが自分が彼女を想うほどではないことに苦しみ、恋を自分の力で断ち切り、心を恋からきり離してゆこうとする。その心の揺れをあまりにも丁寧に描いているからこそ、その痛みを強く感じた。
読了日:05月31日 著者:マルセル プルースト
みかづき (集英社文庫)みかづき (集英社文庫)感想
子供の塾を探していた時に 「点数をとるため、受験のための勉強ではなく、この子が生きる力になる学習を望んでいる」と塾側に伝えると いくつもの塾で鼻で笑われた。 「そんな時代じゃないんですよ」とかなんとか言われながら。この物語には、子供の生きる力をつける教育をしようとする人々が描かれていて、「こんな人が今でもどこかにはきっといるのだろう」と思わせてもらえた。 「教育は、子どもをコントロールするためにあるんじゃない。不条理に抗う力、コントロールされないための力を授けるためにあるんだ」
読了日:05月20日 著者:森絵都

読書メーター

2021年 4月 読書メーター

迷いながら、進んでいるような日々です。

いろいろなことをストップしたり、やめたり

いろいろなことを始めたり。

 

 町内の役を、4月から3つ、かけもちすることになりました。

何やら日々いろいろなお役目が降ってきます。

 

 

 

4月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:192
ナイス数:76

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)感想
女性として今の社会で生きる事について、「おかしいんじゃないのか?」ということを、いくつもいくつも提示してくれる。これは韓国の本であるが、「同じだ。同じことを経験している」と思った。女であることの不利、社会で感じる矛盾、それらへの抗議の声が詰まっている。 そうだ。抗議してよいのだと思える。 日本は、まだ夫婦別性も進まない。戸籍制度も変わらない。 ひとつひとつ、声をあげても良いのだと、声をあげなければ、何も変わらないのだ思う。
読了日:04月18日 著者:チョ・ナムジュ
ちひろさん 1-9巻 新品セットちひろさん 1-9巻 新品セット感想
無料キャンペーンで1巻を読んでからの、全巻まとめ読み (;^_^A 元風俗嬢のちひろさんが、お弁当やさんとして働きながら、街の皆と関わっていく話なのですが。 人の弱さをそのまま受け止めてくれる作品で、正義を押し付けてこないところが好感度大。「ぼんやりしてることが罪悪感、楽でいるのが楽じゃない。そんな時代を僕たちは生きています」のあとがきに惚れました。努力と笑顔と気遣いに疲れて壊れていった人達をたくさん見てきたからこそ、こんな漫画も読みたいです。
読了日:04月04日 著者:安田 弘之

読書メーター

2021年 3月読書メーター

いつしか季節は4月になりました。

コロナ禍がはじまってすでに1年。

コロナ禍のあおりを受けて、仕事が壊滅状態になり

ああでもない、こうでもないと

右往左往している間に

気が付けば、生活もいろいろ変化してまいりました。

 

それでもまだまだ、変化の途中。

いったいどこに向かうのか、

まだ目的地は希望的観測で描いた未来だけれど。

 

少しずつ、希望の場所に向かってゆきたいと思っています。

 

そのためにも、なんとか身体を

保ってゆきたいです。

 

3月に読んだ中では

「i」が印象的でした。

 

自分も、なかなか自分自身を肯定することが難しい性格なので。

 

変化の中で、アイが新しく生まれ変わってゆく姿が

胸に残りました。

 

自分も、変化の中で、

自分自身を肯定して、愛してゆけるようになりたいです。

 

 

 

3月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:806
ナイス数:122

i (ポプラ文庫)i (ポプラ文庫)感想
内側へ、内側へと向かっていた「アイ」の意識が、「ミナ」と出会い「ユウ」と出会い、ゆきつ戻りつしつつ、少しずつ変化してゆく。自分の存在を肯定するために、どれほどの苦しみが必要だったのか。ラストのシーンに、胸が締め付けられ、同時に、深く深く呼吸ができたように思えた。 文庫の又吉氏との対談もよかった。
読了日:03月22日 著者:西 加奈子
ちはやふる(46) (BE・LOVEコミックス)ちはやふる(46) (BE・LOVEコミックス)感想
新、そしてクイーン、名人の心情に迫っており、ドキドキした。追われる立場の苦しみ、勝負の怖さ。
読了日:03月22日 著者:末次由紀
乙嫁語り 13巻 (HARTA COMIX)乙嫁語り 13巻 (HARTA COMIX)感想
中央アジアに親近感を感じる物語。でも、ついにロシアが攻めてきた。これからどうなる? 今回海で泳ぐシーンがとても好きだった。アザラシかわいい。
読了日:03月17日 著者:森 薫
魔法使いの嫁 15巻 (ブレイドコミックス)魔法使いの嫁 15巻 (ブレイドコミックス)
読了日:03月17日 著者:ヤマザキコレ
ランウェイで笑って(20) (週刊少年マガジンコミックス)ランウェイで笑って(20) (週刊少年マガジンコミックス)感想
ついに、夢がかなえられてきた!
読了日:03月17日 著者:猪ノ谷言葉
呪術廻戦 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)呪術廻戦 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)感想
一気に読むとなかなかハード。やっと最新刊。
読了日:03月16日 著者:芥見下々
呪術廻戦 1-14巻 新品セット呪術廻戦 1-14巻 新品セット感想
娘に借りて一気に読みました。キャラクターが皆生き生きとしているところが、面白いです。特に女性キャラクターが魅力的です。個人的にはパンダが好き。 鬼滅といい、進撃の巨人といい、殺伐とした漫画が多いなあ(;^_^A子供から借りて読む本。
読了日:03月16日 著者:芥見 下々
呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校 (ジャンプコミックスDIGITAL)呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校 (ジャンプコミックスDIGITAL)感想
娘からの借り物。アニメをちょっと見かけて面白そうだったので、0巻から読んでみる。 まだ、世界観を掴むのに、いっぱいいっぱい。
読了日:03月14日 著者:芥見下々
人新世の「資本論」 (集英社新書)人新世の「資本論」 (集英社新書)感想
資本主義の問題点をあぶりだし、脱成長コミュズムへの転換を訴える本書。現在の生活そのものが、自然や地域、未来を犠牲にしたものであるとの認識を得た。真に豊かな生活を目指して、資本主義を終わらせるとの主張は理性として理解できるが、人間の貪欲な欲望が、果たして脱成長を受け入れられるのかとの点に大きな疑問が残る。「飢えたくない」「長く生きたい」「新しいものが欲しい」「知らない場所に行ってみたい」人間の好奇心と欲望の果てしなさは、脱成長コミュズムを受け入れるよりは、滅亡を受け入れるほうが容易いのではないだろうか
読了日:03月14日 著者:斎藤幸平
ムーミン全集[新版]1 ムーミン谷の彗星ムーミン全集[新版]1 ムーミン谷の彗星感想
挿絵の多さに驚きと嬉しさ。子供の頃にムーミンのアニメを見ていたはずだけれど、内容をまったく覚えていなかったのですが、思い出しました!これ、子供のころからの自分の「トラウマ」や「恐怖」そのものでした。 世界が終わってしまう恐怖感、赤い空、干上がった海。森を食べ尽くす蝗の群れ。ムーミン家族の中で唯一違うスニフの存在。哀しみも恐怖も描きながらも、優しわと思いやりが心に沁みます。ニョロニョロは「どうしても思ったところへいきつけなくて、いつもどこかをあこがれている」存在だったのですね。
読了日:03月04日 著者:トーベ・ヤンソン

読書メーター

今週のお題「ご卒業おめでとうございます」

前回久しぶりにお題に答えて

楽しかったので

またしても、書いてしまっております。

 

卒業シーズンですね。

新たな旅立ちであり、やっぱり寂しさも感じる

「卒業」

 

日本がそうなのか、世界中でもそうなのか

よくわからないのですけれど

新たな旅立ち、そして少し寂しさの募るときに

「おめでとう」って言うように思います。

 

皆とお別れする、卒業の時も

あとは、家族とお別れする結婚の時も。

「おめでとう」と言う。

 

あ、結婚は家族と別れない人もいるのか。

 

この春も、友人のお子さんが、希望の大学に合格して

それはとてもめでたいことなんだけれど

家を出て下宿をすることになるので

やっぱり、友人は少し寂しそうでもあります。

 

おめでとうは、もちろんとても素敵な言葉なんだけれど

私は、ちょっぴりだけ

寂しさも感じる言葉でもあります。

 

きっと新しい旅立ちは、寂しさを胸にひとひら抱えながら

未来へ向かって進む勇気を持つために

「おめでとうございます」って言うんじゃないかと思ったりもする。

 

「ご卒業おめでとうございます」

 

 

今週のお題「花粉」

 

今日やるべき仕事が少しはやく終わって、珍しく、ぽっこりと時間が空きました。

なんとなく本を読む気になれないので、

はてなの「お題」にこたえてみようかと、突然思いました。

 

単なる気まぐれです。

 

花粉症の季節ですね。

 

子供のころから、花粉症だったので、

春はなかなか面倒な季節です。

 

花粉が飛ぶと、洗濯物も外に干せなくなりますし

朝から、テッシュが手放せなくなります。

通常のテッシュでは、鼻が真っ赤になってしまうので、

やわらかいテッシュが大好きになります。

やわらかいテッシュは、なんとなく味がしますよね。甘い。

 

憧れは「鼻セレブ」です。

高価なので、なかなか購入できませんが

たまーに「鼻セレブ」を買えると、嬉しくなります。

鼻セレブ」パッケージもとても可愛いのですよね。大好きです。

鼻セレブを、花粉症の時期に、使いたいだけ使える「セレブ」になりたいものです。

 

今の時期は、あまりにも鼻汁がでるので

外出するときも「箱テッシュ」持参だったりします。

外出先で、「花粉症なの、ちょっとこれ、出すけどごめんね」などと言いながら

鞄から、おもむろに箱テッシュを出すと、

外出先で、人に爆笑されたりします。

 

 

笑っていただけると、こちらも、ちょっと嬉しいです。

 

ドン引きされると、「すまない」って気持ちになります。

 

まだまだ花粉症の時期は続きますね。

今はスギですが、そのうちヒノキもやってきます。

 

花粉症が過ぎ去るのは5月の連休も終わった頃。

 

それまでは、箱テッシュに囲まれて過ごす日々です。

 

2021年 2月読書メーター

タイトルに、いい加減、年も入れることにしました。

何年のまとめか、わからなくなっています。

 

漫画ばかりですね。

そのくせ、夜眠る前に、少しでも読書できる時間が作れた日は、

やはり嬉しいものです。

 

「失われた時をもとめて」を、ゆっくりゆっくりと読んでいます。

 

 

 

2月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1271
ナイス数:72

よつばと!(15) (電撃コミックス)よつばと!(15) (電撃コミックス)感想
お久しぶりですの、よつばと!ついに今度は小学生ですね。 ランドセルをしょった姿に、私も目がしらが熱くなりました。いしひろい、子供の頃夢中になってやったことを思い出しました。そして、子供と一緒にやったことも。 毎日の中の幸せをもらえる物語。
読了日:02月28日 著者:あずま きよひこ
大奥【通常版】 19 (ヤングアニマルコミックス)大奥【通常版】 19 (ヤングアニマルコミックス)感想
さわやかな読後感。どうやって着地させてゆくのかと思っていたら、こうなるんですね!納得の着地でした。和宮様の変化に、家茂、この物語を彩ってきたさまざまな人々の姿を思い出しました。 素晴らしい物語を読んだ爽快感。
読了日:02月28日 著者:よしながふみ
特装版「親なるもの 断崖」(2) (フラワーコミックス)特装版「親なるもの 断崖」(2) (フラワーコミックス)感想
戦争へと向かう昭和の時代。庶民はますます貧しく踏みにじられてゆき、一部の資本家は戦争により富を蓄え肥え太ってゆく。その社会はおかしいと声をあげる人は、捕まり拷問される。踏みにじられ、落とされてなお、生きようとする人の姿、恨みの声を聞く。これはけして、単なる過去の話ではない。
読了日:02月17日 著者:曽根富美子
特装版「親なるもの 断崖」(1) (フラワーコミックス)特装版「親なるもの 断崖」(1) (フラワーコミックス)感想
遊郭に売られた女(といっても、まだ子供)の心の叫びを聞くかのような作品。男たちに物以下の扱いをされ、それでも生きてゆこうとする姿に、胸を突かれる。
読了日:02月17日 著者:曽根富美子
革命前夜 (文春文庫)革命前夜 (文春文庫)感想
ベルリンの壁崩壊前夜を、東ドイツからの視点で描かれています。東ドイツの当時の閉塞感が、今の社会とどこか似ているように思えました。
読了日:02月17日 著者:須賀 しのぶ

読書メーター

1月分読書メーター

1月は、寒いのと、少し体調を崩して横になっている日が多かったので

まとまった時間をとって、本を読むことができた。

 

でも、漫画が多いな。

 

100分de名著は、今月も見ています。

ファノンの「黒い皮膚・白い仮面」

差別について書かれていて、非常に興味深い。

 

黒人であるのに、白人の価値を押し付けられ、

自ら「白人になりたい」と思う。

この差別は、まったく他人事などではない。

 

黄色人種である私も、

アジア人であることを心の底から誇りに思っているだろうか?

心のどこかに、白人に近づきたいと思う部分はないだろうか?

黄色い皮膚よりも白い皮膚を

黒髪よりも金髪を

黒い目よりも、ブルーやグリーンの瞳を

心のどこかで、

良いもの、美しいものと思ってはいないだろうか?

 

この国における男女差別だって、まったく同じ構造ではないか。

女であるが、男の社会の価値観を押し付けられ

女たちが「男になりたい」と思っているように思える。

 

男と同じように仕事をし、

男と同じように稼ぐことが偉いと

その価値観が根強くあると感じられる。

 

そして、今まで女の仕事とされてきた

子供を産むこと、子供を育てること、介護をすること、

これらの仕事は、保母、介護士など給料の安い仕事であり

まして無賃金で行われる、家庭での家事育児介護は

とても大切な命を守る仕事なのに、

それをずっとやっていると

自分の中に、そんな自分を認められない

そんな気持ちが生じてしまうことがある。

 

差別って何だろう。

価値観って何だろう。

 

差別は、価値観に寄り添いながら

自分の内側にあると思える。

 

そんな事を考えてしまいました。

 

 

 

1月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:1209
ナイス数:104

パチンコ 下パチンコ 下感想
日本には差別がないという人には、是非とも読んでほしいなと思ったりした。「仕方ない」といつも日本人は言う。なるほどと思った。「仕方ない」と言って諦めて、変化しようとしない。だから日本はいつまでたっても変わらない。なるほど。諦めることばかり学習するのは、もうやめたいのだけれど。「仕方ない」とあきらめるのは、或る意味とても簡単な誘惑なのだと感じる。
読了日:01月31日 著者:ミン・ジン・リー,池田 真紀子
パチンコ 上 (文春e-book)パチンコ 上 (文春e-book)感想
戦時中に釜山、平壌から大阪にやってきた在日コリアンの物語。困難の中で懸命に生きる姿に胸が締め付けられる。 「本物の悪人がどういうやつか知りたいか。平凡な男をつかまえて、本人も夢見たことがないほどの成功を与えてやるだけでいい。どんなことでもできる立場になったとき、その人間の本性が現れる」随所の鋭い言葉が、面白い。
読了日:01月18日 著者:ミン・ジン・リー
SPY×FAMILY 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)SPY×FAMILY 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)感想
アーニャかわいい。あの羊のキーホルダー 偽物でいいから(笑)欲しいな。
読了日:01月18日 著者:遠藤達哉
私の少年(9) (ヤングマガジンコミックス)私の少年(9) (ヤングマガジンコミックス)感想
ここくらいに着地するしかなかったのかな、との想い。 丁寧に描かれた恋心が美しかった。
読了日:01月18日 著者:高野ひと深
1122 コミック 全7巻セット [コミック] 渡辺ペコ1122 コミック 全7巻セット [コミック] 渡辺ペコ感想
結婚をしていながら、「自由恋愛」を認めている夫婦。夫には妻公認の恋人がいる。そんな彼らの夫婦の姿を描いた作品。夫の恋人にはまだ許容できても、妻が風俗に行った。そのことが、これほど許容されないという事実が興味深い。
読了日:01月07日 著者:渡辺ペコ
鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックスDIGITAL)鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックスDIGITAL)感想
やっと読めました。最終巻。 ラストは途中までは予想していたとおり。でも本当のラストはちょっとびっくり。 昔からの本読み友達と話していたのだが 「一つの目的への道筋があって、Twitterでタイムラインを読むかのようにエピソードがつながってゆく漫画。詳しい説明がなく、ポンポンとテンポよくエピソードが展開される」非常に今の時代らしい漫画であったと思う。 一方で、「目的のためなら喜んで命を差し出す」感覚には違和感。
読了日:01月07日 著者:吾峠呼世晴
世界まちかど地政学NEXT世界まちかど地政学NEXT感想
今年は地政学に縁があるようです( ´艸`) バルカン半島モナコアンドラ公国ルクセンブルグといった「名前は聞いたことはあるけれど、国のイメージがまったくもてない」国々に実際に降り立った著者の見る風景を追体験できる面白さ。その土地土地には歴史が刻まれている。その上での今の姿。
読了日:01月07日 著者:藻谷 浩介
紛争でしたら八田まで(1) (モーニングコミックス)紛争でしたら八田まで(1) (モーニングコミックス)感想
友人に勧めてもらい読みました。紛争を地勢学から治めるという視点がとても楽しかったです。ミャンマーなど今までよく知らなかった土地についても、漫画という表現だからこそ親しみやすく読むことができました。
読了日:01月07日 著者:田素弘

読書メーター