紅茶片手に読書している。そして音楽を聴きながら

本の感想、コンサート記録など書いています。

平成が終わる前に 1 牛田さんのリサイタル感想

明日になれば、平成の次の時代が何になるのかが、発表されますね。

これで自分は、昭和、平成、とその次の三世代を生きることになります。

 

平成になったのは、自分が高校生の頃でした。

自分にとって平成は、青春から今までの、或る意味もっとも人生の濃いところ?を

過ごさせていただけたように思います。

 

平成の最後の数年は、両親の介護と看取りで、生活も精神的にも、ずいぶん変化の大きな日々でした。その頃に、牛田智大さんというピアニストに出会い、クラシック音楽を聴くようになったり、ロシア語を学ぶようになったりしたことは、暗くなりがちな日々に、たくさんの楽しみをいただくことができました。

 

さてさて、平成の終わりに、牛田さんのリサイタルに、二度行かせていただきました。

平成が終わる前に、この感想をこちらに書いておこうと思いました。

 

3月21日、横浜みなとみらいホールのリサイタル。

3月23日、大阪シンフォニーホールのリサイタル。

 

プログラムは

 

21日 シューベルト即興曲Op.90の4曲

      ショパンのバラード1番

   ショパンのプレリュード全曲。

 

23日 シューベルト、リストの「セレナーデ」

   シューベルト即興曲Op.90の4曲

   リスト 「愛の夢3番」

   シューベルト・リスト「水に寄せて歌う」

   リスト ソナタ

 

個人的に、私はシューベルトがとても好きです。

子供の頃に「ます」を聴いた時は衝撃でした。

「魔王」を聴いた時には、夜も眠れずいたほどでした。

(だって、怖いよね?)

「のばら」は、こんなにも美しい歌があるのだと思いました。

シューベルトの歌曲や交響曲も好きですが

ルプーや内田さんの弾かれるシューベルトピアノ曲が大好きです。

今回聴かせていただいて、牛田さんの弾かれるシューベルトがとてもとても

気に入りました。

シューベルトの孤独と同時に抑えても溢れるかのような情熱を感じました。

今後、牛田さんのいろいろシューベルトの曲を聴かせていただけたら嬉しいと思いました。

 

私は、自分がクラシックの良い聴衆であるかどうか、よくわかりません。

音楽をきちんと聴ける自信はありません。

 

音楽を聴くことと、感想を書くことについては、悩む事ばかりです。

 

以下、勝手なクラシック音楽素人の個人的な感想です。

 

2日間、牛田さんのピアノを聴かせていただき、この方のこれからの音楽が、ますます楽しみになりました。

 

シューベルトでは、まるでホール全体を楽器のように鳴らそうとされているように感じました。音が会場に広がってゆくのが見えるようでした。

ショパンでは、まるで古楽器のような響きの音色が、繊細な和声変化と共に変化する様子が見えるようでした。リスト(シューベルト)では、各声部の横のつながり、各声部の音色の違いが浮き立つように見えてきました。

 

これから、人生経験を積まれるにつれて、もっともっと深い音楽になってゆかれたら、きっと、もっともっと素敵になるのでしょうね。

 

もちろん、今の、青年らしい音楽が、とても感動的で

今の音楽として、本当に大好きだと思いました。

以前に聴かせていただいた音楽から、どれほど、大人らしい音楽になっていることか

低音のズンと響く音色から、繊細にきらめく音色まで、なんと音の巾が大きいことか

そんなことをとても嬉しく思いながら聴きました。

 

そして、未来の牛田さんが、

髪に白いものが混じり、とても穏やかな表情をした牛田さんが

もっともっと、豊かな音楽を舞台で奏でている姿が、

ホール全体を楽器のように響かせながらピアノを弾かれている姿が

不思議と見えるような気がしました。

 

平成から次の世代になってさらに、楽しみなピアニストです。

 

次の舞台を楽しみにさせていただけることに、感謝しています。

 

(といっても、今年は娘大学受験のため、ちょっと身動きとるのが難しくて、どれだけ聴きに行けるかわからないのですが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月読書メーター

アンナ・カレーニナもクライマックスになってきました。

で、また中断中。なんだかとても読んでいてせつない気持ちになる本です。

 

2月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1465
ナイス数:76

アンナ・カレーニナ〈3〉 (光文社古典新訳文庫)アンナ・カレーニナ〈3〉 (光文社古典新訳文庫)感想
アンナが少しずつ壊れてゆく。彼女の愛はいつも受け身で、自分を生きていないように思える。自分を生きられない当時の女性だからこそのようにも思えるけれど。今の時代なら同じような物語から始まっても、結末は違うだろうにと思えてならない。 キティの逞しさ、健康さが愛おしい。ニコライの死と人々の描写がとてもリアルに感じられる。本当に最期は死を待つことしかできない。その時のあの感覚。 コズニシャエフとワーレニカのキノコ話はひりひりと痛い。そうなのよ。そんな風に運命は別れていってしまう。 4巻に進みます。
読了日:02月28日 著者:レフ・ニコラエヴィチ トルストイ
薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)感想
無料配信の漫画が面白かったので、小説にも手を出してみました。ロシア文学と並行で読んでいるせいもあるのですが、ロシア文学とテンポが違いすぎて(笑)コッチのテンポになれるのがちょっと難しかったですが、内容はとても面白いです。
読了日:02月28日 著者:日向 夏
世界で一番、俺が〇〇(6) (イブニングKC)世界で一番、俺が〇〇(6) (イブニングKC)感想
773号に、少しカズオイシグロの「わたしを離さないで」 を思い出しながら読んだ。人と人との関係について、幸せについて、不幸について。愛について。結構真正面から描いていると思う。
読了日:02月26日 著者:水城 せとな
世界で一番、俺が○○ コミック 1-5巻セット世界で一番、俺が○○ コミック 1-5巻セット感想
一巻無料につられて気が付いたら一気読みのパターン (;^_^A
読了日:02月26日 著者:水城せとな
静けさの中から: ピアニストの四季静けさの中から: ピアニストの四季感想
イギリスのピアニストの方のエッセイなのですが、本音トークでとても面白かったです。演奏されるかたが、本当に、とてもとても大切にしていらっしゃる音楽。聴く自分も、大切にしてゆきたいと思うのです。
読了日:02月26日 著者:スーザン・トムズ

読書メーター

ピアノを弾く資格

自分は、下手っぴながらも、大人になってもやめられずに、ピアノを弾いている。

子供の頃から毎日弾いていたし、話し相手みたいなものなので、ピアノから離れる事が出来ない。

 

最近、自分は今まで、結構のびのびとピアノと接してこられたのだなぁと、思う事が多い。

子供の頃に習っていた先生は、ミスすると、ムチで叩かれたりもしたけれど(笑)

まぁ、それでも、比較的自由に弾かせてもらっていたと思う。

 

娘は、コンクールに出たりしていたのだけれど、

彼女が、舞台の前に

「私は、ピアノを弾く資格なんてない」と言いながら、ピアノの前を離れる事も出来ず、でもピアノを弾く事も出来ず、泣いていたことを、

どうしても忘れる事が出来ない。

 

ピアノを弾く資格って、何なのだろうなぁと、いつも思う。

 

下手だから、人前で弾ける演奏ではないとか、

まぁ、自分で言ったり思ったりするのは、自由だと思うけれど、

人から言われると、なかなかに傷ついたりする。

 

私は、下手でもピアノを弾いても良いと思う。

人前で弾いたって良いと思う。

 

とても上手いけれど、手抜きしている演奏より、ミスしたり、暗譜が飛んだりしているけれど、精一杯弾いている演奏の方が好きだ。

 

誰にだって、ピアノを弾く資格は、あるんだと思う。

 

最近は、今度は「音楽を聴く資格がない」と言われたりする事がある。

理解していない奴に聴く資格なんてないと、言われたりもする。

 

でも、誰だって、音楽を聴いて感動する権利はあると思う。

もちろん知識とか、あった方がよいけれど。

 

音楽は、とっても綺麗なのに。

資格とか、そんなんじゃなくて、

好きだから、

という気持ちで接してゆけたらいいのになぁ。

 

難しいけど。それでも。

 

せめて、好きだなぁ、綺麗だなぁと

思う気持ちだけは、大切にしたい。

 

 

 

 

 

 

 

低俗って何だろう?

「最近の若者は、わかりやすいものばかり、享受しようとする」という言葉を

どうにも昔から聞くことが多い。ちなみに、批判的な意見としてね。

 

自分は子供の頃から、源氏物語と並行して氷室冴子新井素子を読んだり

論語三国志の二次創作パロディ(まあ、察してください)を並行して読んだり

ラノベも文学も、古典も、漫画も、それこそ18禁だろうが何だろうが

同じ「本」と思って読んできてしまった。(もちろん好き嫌いはあるけど)

音楽も、クラッシック音楽も聴くし、ポップスも聴くし、わずかだけれど、ボカロも聴く。全部「音楽」と思って聴いてしまう。(これまた、好き嫌いはあるけど)

 

ゲーテの「ファウスト」は、「ラノベ要素満載だな」と思うし

(神様と悪魔が取引をして、ファウストに永遠の命を授けたり、魔女に惚れ薬調合させたり、設定がラノベすぎる……)

純文学の恋愛描写は、18禁漫画顔負けだなと思うし

萩尾望都吉田秋生の漫画は「芸術」と思う。

ドストエフスキー手塚治虫より難解か?と言われたら、正直答えられない。

 

何が「高尚」で何が「低俗」なのだろう?

 

ただひとつ、世間で「高尚」と言われるものは、本を読むにも音楽を聴くにも単純に「時間がかかる」のかもしれないとは思う。

 

例えば万葉集全巻を読破しようと思ったら、相当な時間がかかる。

もちろん「グイン・サーガ」全巻読破も時間かかるけど、たぶん、こっちのほうが

先に読めると思う。

 

トルストイの「戦争と平和」の全巻読破よりも、「ワンピース」既刊一気読みのほうがたぶん速いと思う。

 

ブラームスのピアノ協奏曲の1番と2番を続けて聴くよりも、米津さんの曲を動画で2曲聴くほうが、もちろん尺の関係上速い。

 

それが「わかりやすい」ことなのかどうかは、よくわからない。

 

日本の古典やロシア文学が好きだから「教養がある」と言われるのは、

よくわからないし

漫画やラノベを読むからといって「どうして、そんなモノを読むの?」と言われるのは

またまたよくわからない。

 

私は、どちらもあって欲しいと思うし

そうゆうのを、あまり規制してほしくないなあと思う。

 

ないことを、でっちあげたり、人を意図的に傷つけるのはよくないけれど。

 

簡単に何かを「低俗」と決めつけて切り捨てるのは、好きではない。

 

同時に何かを「高尚」と決めつけて遠ざけるのも、好きではない。

 

ただ、漫画を読めない、という人よりも、ドストエフスキー読めないとか、

ゲーテ読み終わらない、とかいう人が多いのは、ちょっとだけ、残念だなあとは思う。

 

ファウストも、前半は読めたけど、後半は無理って人もけっこう多い気がする。

あれは、ラストが凄いから、本当は最後まで読んで欲しい。でも確かに中盤は読みにくいと思う。

この何となく掴みにくい内容だけど、どんどん読んでゆく力というのは、何かなあ?とは思う。(性格がいい加減なだけかも)

 

というのを、RPG系のゲームを途中で「無理、飽きちゃった」「レベル上げつまんない」と言って投げ出す私には言われたくないと、ゲーム好きな人達に言われるから、おばちゃんの愚痴はこの辺にしておく。

ファイナルファンタジーも、ドラゴンクエストも途中で投げ出してしまいました。すみません)

 

う~む。読み返してみたら、ただ単に、自分が「ぼーと生きてる」だけなんじゃないかって思えてきた(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張らないための努力を惜しまない

腎臓を悪くしてから、以前に比べて疲れやすくなりました。

そんな自分に、癌を患い、手術後の様々なトラブルを乗り越えてきている友人が

とても大切なことを教えてくれました。

「頑張らないための努力を惜しまない」です。

 

とにかく、「頑張ればなんとかなる」とか、「がむしゃらに頑張る」という考えは、捨ててしまえと言われました。

「私達は、今までと同じように動く体力がないのだから、少しでも省エネでやれる工夫が必要なのだ」

「行動を起こす前に、どうすれば最も効率よくゴールにたどり着けるかを徹底的に考えろ」と言うのです。「動きを最小限にするには、どうしたらよいかを工夫すること」「何かをする時の努力は、手順を工夫することに6割の努力を払い、行動は4割以下の努力を払うくらいと考えておく」と。

 

確かに、実生活の中でも、ちょっとした工夫で、かなり「楽に」なることも多いことに気が付き始めました。

 

例えば洗濯物を干す時。

今までは、当然のように、洗濯機から出してきた洗濯物を、物干しのあるところに運び、立ったまま、足元にある洗濯籠から洗濯物を取り出して干していました。

これが最近、ちょっと大変になってきたのです。

 

そこで。洗濯の仕方を次のように変えてみました。

干す場所は、リビング。低めの高さにセットした洋服をかけるためのハンバーラックと椅子を準備。椅子に腰かけたまま、洗濯籠から洗濯物を取り出してハンガーラックに干してゆきます。最後に洗濯物を、外の物干し竿にかけに行くのです。

 

凄く楽になりました!

座っているのと、ハンガーラックの高さが低いことで、洗濯物を干すときの動きが少しで済むのです。しかもリビングは夏涼しくて冬暖かい。

 

工夫って、大切なんだなあと感じる今日この頃です。

 

 

でも、基本、バタバタと効率悪い人なので

友達からは、あきれられていると思います(笑)

 

ちなみに

効率よくするためには「物をできる限り減らす」「きちんと整理整頓する」ことがとても大切なのだと、多くの方に諭されるのですが……。

どうしても、これが苦手なんです。とほほん。

 

 

 

 

 

1月読書メーターまとめ

永遠についての証明がよかった!です。

 

 

1月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:1834
ナイス数:160

ダルちゃん (2) (コミックス単行本)ダルちゃん (2) (コミックス単行本)感想
擬態してきたダルちゃんが、自分をみつけ、自分を貫き、自分を生きようとする物語。「私にできることは自分を幸せにする。それだけなの。私を幸せにするのは、私しかいないの」この覚悟が潔い。でも、でもね。やっぱりどこかで、それだけじゃなくて、人と愛を分け合うからこそ、自分は立っていられるのだと。そんなことも書かれているのだと思うのだ。
読了日:01月14日 著者:はるな 檸檬
永遠についての証明永遠についての証明感想
若き天才数学者と彼の周りの人々の物語。絶対おすすめ。数学の天才である瞭司が、誰とも話が通じない孤独から抜け出し、大学で話すことのできる相手、居場所を見つける。しかし、彼の才能への周りの嫉妬、すれ違いなどから、彼が再び孤独に墜ちてゆく。天才の孤独と、周囲の感情を、丁寧にそして劇的に描いており、胸が締め付けられる。 才能とはいったい何なのだろう。簡単に感動する明るい小説などではないと思う。瞭司の闇を回避する手段はなかったのか。数学はよくわからなかったけれど、それでも多くの人に勧めたくなる一冊。
読了日:01月14日 著者:岩井 圭也
ダルちゃん: 1 (1) (コミックス単行本)ダルちゃん: 1 (1) (コミックス単行本)感想
電子でまとめ買いした事を、心底後悔。これは、紙で買うべき本だった! 美しい絵と美しい言葉に彩られた、美しい本。 大切な「本当のこと」が書かれた本です。本当の自分と向き合った事のある人に、心からの言葉を届けてくれる、素晴らしい本です。
読了日:01月12日 著者:はるな 檸檬
七つ屋志のぶの宝石匣(6) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(6) (KC KISS)
読了日:01月07日 著者:二ノ宮 知子
七つ屋志のぶの宝石匣(5) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(5) (KC KISS)
読了日:01月07日 著者:二ノ宮 知子
七つ屋志のぶの宝石匣(4) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(4) (KC KISS)
読了日:01月07日 著者:二ノ宮 知子
大奥 16 (ヤングアニマルコミックス)大奥 16 (ヤングアニマルコミックス)感想
家茂が良い人だ!和宮の変化が可愛らしい。 時は幕末。混乱に向かう前に、この二人の仲の良さが心に優しく、少しせつない。
読了日:01月07日 著者:よしながふみ
大奥 15 (ヤングアニマルコミックス)大奥 15 (ヤングアニマルコミックス)感想
気が付くと、もうこの先の新刊が出ていた(;^_^Aずいぶん遅れていたようです(笑) 和宮
読了日:01月07日 著者:よしながふみ
レベレーション(啓示)(4) (モーニング KC)レベレーション(啓示)(4) (モーニング KC)感想
神の声を聴き、神の声を聴くものとして生きてしまったジャンヌ。神の使いが終わった後にどうなるのか。多くの人の思惑の中で、次々と味方から引き離されるジャンヌが辛い。
読了日:01月07日 著者:山岸 凉子
レベレーション(啓示)(3) (モーニング KC)レベレーション(啓示)(3) (モーニング KC)感想
破竹の勢いで進むジャンヌ。まさに神がかり的。 でも同時に、この漫画における「神」は何なのかなとも考えさせられる。多神教的な神を感じるのだけれど。 この後がだんだん読むのが怖い。
読了日:01月07日 著者:山岸 凉子

読書メーター

自分なくし

ここ最近、「価値観」というものに、悩まされてきました。

この歳になってくると、当たり前なのだけれど、今まで生きてきた生活から生まれた「自分なりの価値観」というものが、ガッツリあることに気がつかされます。

 

それは、周りの同じくらいの歳の人たちも、多分同じなのだろうと思うのです。

 

価値観。といっても、大なり小なりあります。

 

たとえば、ブロッコリーを茹でる時間はなるべく短くして、硬めをカリカリ食べるのが好き派なのか、ゆっくり茹でて、柔らかくふにゃふにゃになったのを食べるのが好き派なのか。

 

一度使ったタオルは必ず洗う派なのか

何度も使っても大丈夫派なのか

 

朝食はヨーグルトとコーヒー派なのか

朝からガッツリ肉派なのか

ご飯とお味噌汁派なのか

 

待ち合わせの時間より、5分前に到着するのが当たり前派なのか

少し遅れるくらいがちょうどいい派なのか

時間は守った方がいいけれど、時と場合によっては他を優先させても良いよね派なのか

 

友達と仕事なら、仕事優先派なのか

やっぱり友情大事にするべきでしょ派なのか

 

こんな価値観の違いが、

とにかく。いろいろあるのです。

 

特に、自分の「好き」や「こだわり」のある部分の価値観は、なかなかに、いろいろな感情が混じりあって、人生の歴史もあって、

簡単には変えられなかったりします。

違う価値観の人に腹が立ったり、イライラしたりすることもあります。

 

そんな中で、自分の価値観と、自分とは違う価値観の相違の中で、

「じゃあどうする?」という問題や

自分の内側でも、

たとえば毎朝ご飯だったけど、パンも良いよね?とか

ブロッコリー、ドロドロに茹でるのも、もしかしたら悪くないかもねとか、

変化してくる部分とか、

 

そんないろいろの中で、最近ちょっと混乱状態にあったのです。

 

そんな中でふと出会ったのが、この言葉。

 

「自分なくし」

 

 

「自分さがし」はよく聞きますが、

「自分なくし」です(笑)

 

でました、みうらじゅんさんです。

 

家族が見ていたテレビをのぞいたら、たまたまみうらじゅんさんが若い学生さんに講義をされていて、そこで「自分さがし」の話しから、

「自分なくし」と、おっしゃっているのです。

 

何気に見たので、実は内容がわかっていないのですが。(すみません)

 

街の駐車場の看板で、「空あります」とか書いてあるとか、おっしゃっているのです。

「仏教の真髄を教えている」と(笑)

 

たしかに!

 

それどころか駐車場には「空ありません」なんて看板まであると。

それは、あるでしょう(笑)

 

でも、これ、仏教的に、確かに凄い(笑)

無い物が無いって、哲学的に難しい。

 

その話しの、続きで

「自分さがし」からの「自分なくし」

 

自分の価値観って、何なんだろう。

人の価値観と何が違うのだろう。

違う中で、どうやっていったらいいのだろう。

 

なーんて悩んでいた中に

「自分なくし」という単語の衝撃。

 

なるほど。

 

ブロッコリー茹でるのに、硬めも美味しいけれど、ドロドロになっても美味しいよね。

まぁ、好みは、ほんとは、あるんだけどね。

 

朝はご飯でも、パンでもいいよね。

 

目からウロコが落ちました。

 

でもね、やっぱり、危険はあると、みうらじゅんさんは、おっしゃってくれています。

 

ちゃんと、崖っぷちに行っても、帰ってくるんだよ。でも、崖っぷちには、とても綺麗な花が咲いているからと。

 

これは、聞いたことがあったので、

確かにと思いました。

 

「自分なくし」

崖っぷちに立つこともあるでしょう。

なんといっても、「自分なくし」の究極は「死」でしょうから。これは、私の勝手な解釈です。

 

「無」から生まれ「無」へと還る自分の存在の中で、「自分なくし」をいったいどこまでできるのでしょう。価値観や好みとは、ある意味自分を守る武器や防具でもあるのだと思いますし。

 

若い方が「自分さがし」をするなら、

いい歳したおばさんは「自分なくし」も

いいのかもしれません。

 

これ、本当は、とても難しそうです(笑)