紅茶片手に読書している。そして音楽を聴きながら

本の感想、コンサート記録など書いています。

平成が終わる前に2

よかった。平成が終わる前に、2が書けそうです。

 

自分にとって平成は、価値観が大きく変化した日々でした。

 

自分が生まれた家は、男尊女卑で特に女性は自己犠牲が大事と教えられる家でした。

「女は自分のことは考えず、家のために尽くしなさい」とずっと教えられて育ちました。自分の「好き」をオープンにすることは、あまり認められず、

漫画を読めば叱られ、テレビも親が許可した番組のみ見る事が出来

「自分の好きよりも、家の仕事をすることが最優先」と教育されてきました。

 

なので、好きなことは口にはださず、秘密にして、そっと楽しむ、というスタイルの人になってしまっていました(笑)

 

また、家では感情を表に出すことは、厳しく禁止されていました。

特に、怒ったり泣いたりすると、きつく叱られました。

「いつも静かに笑っていなさい」と。

 

平成になった頃に、大学生になりました。

大学生になって、さまざまな友人と出会ったことで、多くのことを教えてもらいました。

ある人に「泣きたい時には泣いていいんだよ」と本気で言われた時には、とても驚きました。

ある人に「今、ムチャクチャ怒っているでしょ。怒っているのにそうやって、笑っているの、逆にとても怖いんですけど」と指摘された時も、とても驚きました。

 

この頃からの親友から「私はあなたが大好きだから。あなたには自分を大切にしてほしい」と言ってもらえました。

「好きな人には、幸せでいて欲しいでしょ?わかる?

 あなたは、私の心の中に住んでいるの。だから、あなたが幸せなら、私も幸せ。

 私を幸せにしたいのなら、あなたが、自分自身を大切にして、自分自身を

 幸せにしてほしいの」

 

自分の感情や、自分の好きを、自分で認めてもいいのだということを教わりました。

自分を大切にして、自己主張しても良いのだと、いやむしろそうしなさいと言われるようになりました。そうすることで、私が好きな人が幸せなのだとまで言ってもらえました。

 

学生時代が終わって、さまざまな出会いがあり

そして、いろんなご縁をいただき、

愛したり、嫌われたり、喧嘩したり、仲直りしたり

そんな中で

自分にとって、平成の時代は、

自己犠牲によって家のために尽くす、から

自分の感情や好き、を大事にする、に変化した時代でした。

 

家のために、好きでもない掃除をするのは苦痛ですが

自分のために、自分を大切にするために、部屋の掃除をすることは、楽しくもあります。

 

家のために、苦手な料理をすることは苦痛ですが

おいしいご飯が食べたいから、自分の好きな味の料理を作るのは、とても楽しいです。

 

家のために、料理を作る時は

どんなに体調が悪くても、どんなに忙しくても

ある一定の料理を作ることが要求されましたが

 

自分のために料理を作る時は

体調が悪い時には、「お豆腐茹でて、ご飯とお漬物で十分」と

自分の身体も心もいたわりつつ、料理できるようになりました。

 

やっていることは、あまり変わらないのですが

自分の心が、とても楽になっています。

 

平成の時代は「自分を大切にすること」が声を大きく言われるようになった時代でもあると思います。

女性が、家のために犠牲になるのが当然と言われることが、減ってきた時代であると思います。

 

もちろん、まだまだ、簡単なことではありませんし

変化したことで、あらたに問題が生まれていることもあるのだと思いますが

 

自分を大切にすることは、本当に心を救ってくれると思うのです。